デリケートゾーンの痒みと対処法

デリケートゾーンがかゆくなる理由

 

アウトクリア


アウトクリア

 

デリケートゾーンが痒くなる理由

 

痒い女性

 

痒みの原因には、汗やムレなどにの場合と、カンジダなどの感染症、直接肌に触れる下着の繊維が肌に合わないケースなどが考えられます。

 

特に生理の時に痒くなるのは、ムレやすく敏感になっています。

 

対処法としては、こまめにナプキンを新しいものに取り替え、サラサラの状態にします。

 

衣類もゆったりとした、風通しの良いものを選びましょう。

 

デリケートゾーンを清潔にするために、ゴシゴシ強く洗うのは避けましょう。

 

デリケートゾーンは酸性で、殺菌作用があります。洗いすぎると、その効果が弱まって逆効果になってしまいます。

 

痒みがひどい場合は、感染症の可能性もあります。

 

とくにカンジタなどの感染症になっているケースもあります。

 

恥ずかしがらずに婦人科で受診して詳しく調べてもらいましょう。

 

膣カンジタの原因と予防法

 

膣カンジタは、膣内に元々存在しているカンジタ菌が、様々な理由により免疫力が低下することが原因で発症する病気です。

 

普段、膣内にカンジタ菌は存在していますが、乳酸菌により酸性状態が保たれているので繁殖することはなく症状も出ません。

 

しかし妊娠や出産、生理前後などでホルモンバランスが崩れたり、抗生物質を使用することで酸性状態が保たれなくなるとカンジタ菌が繁殖しやすくなります。

 

また糖尿病などの持病があったり、疲れたり風邪をひいているときは免疫力が低下することが原因で、カンジタ菌が繁殖しやすくなり発症することもあります。

 

カンジタ菌が繁殖して症状を発生すると、膣周辺が痒くなったり、性交するときに痛みを感じるようになります。

 

またおりものの量が増えたり、白く濁った状態のものになるといった症状もでるので注意が必要です。

 

膣カンジタの予防法としては、菌の繁殖を抑えるために免疫力をアップさせることが重要です。

 

ストレスや疲労の少ない生活をして、バランスの良い食事と十分な睡眠が有効な予防になります。

 

また下着を清潔なものにしてカンジタ菌の繁殖を防ぎ、それでも改善されない場合は産婦人科などに通院をすれば抗真菌薬などを処方してもらえます。

 

毛嚢炎の原因と予防法

 

毛嚢炎は、肌に刺し傷や擦り傷などから黄色ブドウ球菌やコアグラーゼ陰性ブドウ球菌が侵入することで発症することが多い一方で、殺菌が不十分な共同浴場で付着した緑膿菌が繁殖して発症する患者も少なくないことから温浴毛包炎や温浴皮膚炎などと呼ばれる細菌性感染症です。

 

症状は、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包に炎症が発症することから毛包を中心に膿を蓄積した膿疱が形成されますが、赤い丘疹を形成するだけでなくかゆみや痛みがほとんどないのが特徴です。

 

しかし、太ももや臀部などには数個?数十個の膿疱丘疹や赤い丘疹が発症することがあり、根を持ち軽い痛みを伴う深在性毛嚢炎を発症することもあります。

 

治療は、ブドウ球菌に強い殺菌性を示すクロラムフェニコールやペニシリン系のジクロキサシリンなどの抗生物質を含有する外用薬もしくは、DNAの複製や伸長に必要不可欠な酵素DNAジャイレースを阻害するニューキノロン系の抗生物質が内服薬として3日間?4日間処方されています。

 

毛嚢炎は、一般的に1本?数本の毛の根元に炎症性皮膚疾患の一つである尋常性?瘡が発症しますが、体質や患部によっては表皮だけでなく皮膚組織の深部で炎症を発症するので患部を切開する外科的手術が行われる場合もある細菌性感染症です。

デリケートゾーンの痒み・体験談

デリケートゾーンがかゆい

悩む女性
デリケートゾーンがかゆい

 

どんなに清潔にしていても、デリケートゾーンのかゆみに襲われる事があります。

 

私は、生理中に生理用品に当たっている部分と経血な蒸れてしまいかゆくなってしまいます。

 

小まめに生理用品を交換するようにはしていますが、一度蒸れてしまうとかゆみはシャワーを浴びるまでは中々治るものではありません。

 

なので、生理用品を替える以外の対策法を考えなければなりませんでした。

 

私がかゆみ対策で行った方法は、ウォシュレットを活用する事です。

 

生理用品を替えるだけでは肌に残った経血を落とす事は出来ません。

 

小まめに入浴するのも現実的な方法ではないので、ウォシュレットが最も簡単に且つ適当な手段だと思いました。

 

適度に患部を冷水で洗い流す事で炎症を抑え、かゆみを軽減させる事に成功しました。

 

かゆみは、冷たいものを当てると改善されると以前皮膚科の先生に言われたので、デリケートゾーンにも活用してみたところ効果は抜群でした。

 

加えて常に患部を清潔に保つ事で外用薬を使うほどかゆみが悪化せずに済みました。

 

デリケートゾーンのかゆみを抑えるには清潔にする事と、患部を冷やす事が重要です。

 

また、かゆみが強くなってしまったらすぐに外用薬を塗ると更に万全な対策になります。

留学中に・・・。

悩む女性
留学中に・・・。
20代の頃、イギリスに留学中の時の話です。デリケートゾーンの物凄い痒みに悩まされました。

 

洗うのが足りないのかな・・・と凄く一生懸命洗ったりしたのですが、全く改善せず・・・。

 

留学してすぐイギリス人の彼氏ができて、エッチしてたんで、何か変な病気にかかってたらどうしようと、もう真っ青になり、泣きそうになりました。

 

悩んでるうちに症状はますます悪化してきました。留学中ですから学校行って勉強しないといけないのに、全く集中できず。

 

これって、何となく、友達にも言いにくいですし、日本にいても説明に難しい事なのに、母国語じゃない外国でこんな事態になっちゃって、もう本当にどうしよう・・・と本当に泣きたい思いでした。

 

当時はまだネットで調べる・・・というような事もできなくて、短期留学中でしたので、お医者さんに行く・・・というのもよく分からず、また分かったところで行くのが恥ずかしいし、どうやって説明したらいいのか分からないしで・・・。

 

それで、先ず、日本人の友達に勇気を振り絞って相談してみました。

 

そしたら、カンジダじゃない・・・?と言われ。薬局で塗り薬売ってるんじゃない?とアドバイスを受けました。

 

薬局なら何とか行けるかも・・・。と、カンジダを英語でどう言うのか辞書で調べて、いざ薬局へ。

 

しかし、探しても探してもカンジダの塗り薬が無い・・・。

 

もしや、カウンター?(大汗)と思い、またまた勇気を振り絞って、女性の店員さんを探して聞いてみたら、やはりカウンター中でした。

 

そこから、中?とか外?とか聞かれて、何???中?外?ともう四苦八苦して、よく分からないので中用と外用どっちも買いました。

 

とっととその場を去りたい!恥ずかしい!という気持ちもあったので。

 

そして、先ず、外用のから塗ってみたら、何と、数日で症状は軽くなり、一週間も経つと全快しました!

 

今、考えても、あの時はもう痒くて、辛くて、恥ずかしくて、すべてが冷や汗ものの体験でした。

接客時の辛さ

悩む女性
接客時の辛さ

 

以前、飲食店で接客業をしていた時に、デリケートゾーンの痒みにかなり悩まされました。

 

寒くなってくると、店内は暖房が効いていて、かなり暖かくなるんですが、長時間暖かい店内にいると、どうしても蒸れてきてしまい、途端に痒みが始まるんです。

 

でも、接客の仕事をしている最中に何度もトイレに行く訳には行きませんし、だからといって、立っての接客はかなり辛い事でもありました。

 

デリケートゾーンに効果のある軟膏などを使うのですが、効果は一時で、すぐにまた痒みが出てくるんです。

 

こういう悩みは、仲の良い同僚にもなかなか話が出来なくて、かなり困りました。

 

それでいて、お客様には笑顔で接しないといけないので、それもそれでかなり大変でした。

 

ある時、お客様の注文を聞いている最中で、かなり痒みが出てきてしまい、顔は笑顔を保つ事が何とか出来たのですが、注文を書くのが困難でした。

 

何とか注文を書き終えて下がる時には、歩き方が変になっていないかばかり気になってしまいました。

 

ですが、出来るだけ通気性が高いストッキング等に変えた事と、デリケートゾーンの痒みを予防する軟膏を変えた事で、かなり症状を抑える事が出来ました。

 

立ち仕事は、足の負担だけではなく、あらゆる面で大変だという事が分かりました。

精神的にもダメージが大きい

悩む女性
精神的にもダメージが大きい

 

女性にとって、デリケートゾーンの悩みは人に話しにくいです。

 

私自身も妊娠をきっかけに膣カンジタになり、猛烈なかゆみに襲われました。

 

下着での擦れにもデリケートゾーンが反応して、かゆみだけでなく、蒸れやかぶれの症状まで出てしまいました。

 

このデリケートゾーンのかゆみですが、もちろん人前では服の上からでも触ることはできませんし、本当に日常生活に支障が出るかゆみです。

 

外出先でかゆみが我慢できず、薬を塗るためにトイレを探しましたが、なかななか見つからずに苦労しました。

 

また、かゆみに我慢できず、しゃがみこんでしまい「大丈夫ですか?」と声をかけてもらったものの、デリケートゾーンがかゆいなんて恥ずかしくて言えず、大丈夫なことを伝え、その場を必死で離れてしまうこともありました。

 

デリケートゾーンがかゆいことで、外出も億劫になり、かなり家で落ち込む状況が続きました。

 

幸い薬が効き、数週間で症状は治まることができましたが、あの猛烈なかゆみを思い出しただけで辛くなりました。

 

治った後は再発しないよう、疲れをためないことやストレス発散にはげみました。

 

また、下着や生理用品等を見直し、通気性の良いものや、自分の肌に合った素材など、質の良いものに買い換えることで、再発防止につなげることができました。

生理後はデリケートゾーンが痒い

悩む女性
生理後はデリケートゾーンが痒い

 

お手洗いではウォッシュレットを使ったりお風呂でも清潔に洗っているつもりです。

 

しかし生理の後は、デリケートゾーンが痒くなることがあります。

 

ホルモンバランスが崩れてきている年齢だからか、最近は痒みだけではなく赤みがでたりかぶれてしまうこともあり病院を受診して治療したい場所ではないのでどのように対処するのが一番いいのか困っています。

 

一日中、下着を着けているので多少の蒸れがあることは仕方がないと思っていましたが生理中にナプキンを当てることでデリケートゾーンが更に蒸れてしまっているのでしょう。
生理終わりの直前ぐらいから急に痒みが出て、お風呂でデリケートゾーンを洗ったりウォッシュレットを使うと痛痒さを感じることがあります。

 

鏡で確認するとデリメートゾーンが少しかぶれ部分的に赤みが出ていました。

 

下着を着けない訳にはいかないのでデリケートゾーンに使える痒み止めを購入し、痒みや赤み、かぶれが出たときにはその部分にだけデリケートゾーン用の痒み止めを使って少しでも早く治すようにしています。

 

今のところ市販の痒み止めでも効果が出ているので問題ないんです。

 

もっと頻繁にデリケートゾーンの痒みや赤み、かぶれが発症するようになったら病院を受診し治療したほうがいいのか心配になります。

 

もっと肌に優しい生理用のナプキンも痒みや赤み、かぶれ予防のために探してみようか検討しています。

アソコのかゆみ

悩む女性
アソコのかゆみ

 

社会人1年目の時に、かゆみにおそわれました。

 

股のパンツのゴムのあたる周辺に、小さな水泡というかブツブツができました。

 

当初はあせもだと思っていました。

 

仕事中は気を張っているせいか、かゆくなかったのですが、帰宅すると無性にかゆくて大変でした。

 

冬だと厚着するので余計にかゆくなりました。

 

場所が場所だけに母親にも隠してオロナインを塗っていました。

 

しかしとうとう、耐えきれなくなって、母親に相談すると、「それはあかんわ、これ塗り」と言われ、母親の足の水虫の薬を塗るように言われました。

 

そうしたら、効果てきめんで1ヶ月ほど塗るとウソのように治ってしまいました。

 

病院に行ったわけではないので、確かではないですが、いんきんたむしだったようです。

 

母親の話だと、父親は若いとき水虫でいんきんたむしだったそうです。

 

市販の薬で治ったそうです。

 

母親は水虫を父親にうつされていまだに薬をぬっていますがかゆみを抑える程度で完治していません。

 

薬の塗り始めた時に、治ってきたのでケチって少ししか塗らずにいたら治らなくなったそうです。

 

水虫が薬の耐性をもったのかもしれません。

 

ともかく、デリケートゾーンは、気が緩んだ時にかゆくなって、電車とか掻くに掻けない場所ではめちゃくちゃ辛かったです。

 

治ってよかったです。母親にもっと早く相談すべきでした。1年ほど悩んでいました。

繰り返すデリケートゾーンのかゆみ

悩む女性
繰り返すデリケートゾーンのかゆみ

 

ストッキングを履くようになった20代のころからデリケートゾーンのかゆみに悩まされてきました。

 

特に夏や生理の時などは、汗やムレ、ナプキンとの摩擦からデリケートゾーンが赤くかぶれたようになり、もう痒くてたまらなかったです。

 

仕事をしていても、まさか人前で患部をかくことも出来ないので市販薬でなんとか乗り切る日々。本当に不快でした。

 

そんなことを繰り返しているうちに結婚、出産を経験し、今度はただの赤みや痒みではなく、何か白く濁ってポロポロしているカッテージチーズ状のおりものが出るようになりました。

 

これがもう痒いなんてものじゃありません。

 

これまで使用していた市販薬を使っても改善されたいので、溜まりかねて婦人科へ。

 

そこで「腟カンジダ」と診断されました。

 

最初は「膣カンジダ?怖い病気?」と心配になりましたが、腟内の常在菌であるカンジダという真菌の異常増殖で起こる割とポピュラーな疾患で薬で治ると聞き一安心。

 

先生には「免疫力が下がったりすると起きやすいよ」と言われました。

 

産後は自分でも驚くほど体調が悪かったので、納得。

 

しかしその後も治っては膣カンジダを繰り返し苦痛でした。

 

そんな時、カンジダに効いたという「コラージュフルフル泡石鹸」という商品をネットで知り試してみることに。

 

それからは一度も膣カンジダにならず快適な日々です。

 

カンジダ菌もカビの一種だったんだなと改めて思うと共に、もう二度とかからないといいなと思っています。

page top